Monthly Archives: 1月 2015

投資信託を用いた株式投資

投資のなかでもポピュラーのものの一つとして、株式投資というものがあります。そこでここでは、株式投資を行う境の方法として、投資信託を利用する方法について紹介していきたいと思います。投資信託というのは、個人では難しい株式投資を簡単にすることが出来るものだと考えて頂けると良いでしょう。 簡単にシステムを説明すると、まず複数の個人投資家から投資を募る所からスタートします。そうすることでより大きな金額を用意することが出来るため、高い株式に対しても投資を行なうことが出来るようになります。そもそも株式というのは1株の値段とは別に単元株式数というものが設定されており、この数以上の株数でないと購入することが出来ないので、大企業の株となると個人では購入が難しいのです。 そして、その上でその運用効果を投資金額に応じて分配するということになります。個人で行う場合には不可能な小口投資を可能としているという点が投資信託の優れている点です。ただ、株式優待などはあくまでも単元株式数を保有していないと適応されないため、長期投資として複数回投資を行っていき、最終的に投資額が単元株式数になった時に適用されることになりますので、時間が掛かります。

Leave a comment

精神的にも投資が楽になるドルコスト平均法

値動きのある価格変動商品への投資は買うにしろ売るにしろ、タイミングはとても難しいものです。散々迷って売買した結果、高値掴みに終わってしまった、という投資家の方も多いと思います。結局は欲や恐れの元で行動した結果、石橋を叩き過ぎて石橋を壊してしまったかのようなものとなってしまうのです。このように値動きのある商品に対しては相場を見ることも大切ですが、相場を気にし過ぎないことが大切です。 そのために取り組んでおきたいのがドルコスト平均法です。ドルコスト平均法は株式や債券、商品などの投資を行う投資家の方はイヤというほど聞いているかと思いますが、結局のところは決まった口数分を購入するよりも、決まった金額分購入することの方が利益も出やすいのです。 また、売買のタイミングに頭を悩ませても、価格がどう変動するかは誰にもわからないことです。それならば毎回決まった金額で買いましていく方が精神的にも楽に投資ができます。なによりもドルコスト平均法によって買い続けることによって、平均買い付け価格も安くなりますし、メリットも大きいのです。 決まった金額分買い続け、値上がりを待って売る方が確実に利益に繋がりやすくなります。

Leave a comment