精神的にも投資が楽になるドルコスト平均法

値動きのある価格変動商品への投資は買うにしろ売るにしろ、タイミングはとても難しいものです。散々迷って売買した結果、高値掴みに終わってしまった、という投資家の方も多いと思います。結局は欲や恐れの元で行動した結果、石橋を叩き過ぎて石橋を壊してしまったかのようなものとなってしまうのです。このように値動きのある商品に対しては相場を見ることも大切ですが、相場を気にし過ぎないことが大切です。

そのために取り組んでおきたいのがドルコスト平均法です。ドルコスト平均法は株式や債券、商品などの投資を行う投資家の方はイヤというほど聞いているかと思いますが、結局のところは決まった口数分を購入するよりも、決まった金額分購入することの方が利益も出やすいのです。

また、売買のタイミングに頭を悩ませても、価格がどう変動するかは誰にもわからないことです。それならば毎回決まった金額で買いましていく方が精神的にも楽に投資ができます。なによりもドルコスト平均法によって買い続けることによって、平均買い付け価格も安くなりますし、メリットも大きいのです。

決まった金額分買い続け、値上がりを待って売る方が確実に利益に繋がりやすくなります。

This entry was posted in 投資関係.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>