複利の方が最終的には有利になりやすい

利率というのは投資において大きなポイントとなります。そこでここでは、特に高い利益を上げることができる利率方式である複利について紹介していきたいと思います。利率には単利と複利の二つの種類があり、単利の場合は最初の投資額、つまり元金部分だけが金利計算の対象となります。

対して複利の場合は、利息によって得られた分についても利子計算の対象となるということになります。具体的には、例えば100万円の投資を10%単利と10%複利で行なったとします。単利の場合には、最初の投資額である100万円だけが利子計算の対象となるため、1年目の利子も2年目以降の利子も同じく10万円です。

対して複利の場合には1年目が10万円なのは同じですが、二年目はこの10万円を足した110万円を計算対象とするため、11万円の利子となります。この額の違いは投資開始当初においてはそれほど大きなものではありませんが、10年20年と経ってきた時に大きくなっていき、最終的には非常に大きな金利を計上するようになります。

単利と複利の選択ができるのであれば、利率自体は多少少なくとも、複利の方が最終的には有利になる場合が多いのでよく考えるようにしましょう。

This entry was posted in 投資関係.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>