長期投資の基本は分散投資

短期投資と長期投資を比べた時、よく言われるのがリスクの違いについてです。短期投資はリスクが高く、長期投資はリスクが低い、と言われることがあります。これについては、実は正しいとはいえません。より正しくいうのであれば「短期投資はリスク管理がしにくく、長期投資はリスク管理がしやすい」ということです。実際、何も考えずに長期投資を行っているのであれば、短期投資よりもかえってリスクは高くなるでしょう。特にやってはいけないのが、1つの投資先にのみ大きな金額を投資する、という方法です。この方法ではもしその投資先に問題が発生すると、投資金額の全てがダメージを受けることになってしまいます。

投資の基本は「長期分散投資」です。投資先を適切に分散することでリスクを分散し、問題が発生した時に切り離しが出来るようにしなければなりません。その際に重要になるのが投資先の選択でしょう。長期分散投資においては、「比較的リスクが高い投資先」と「安定性が高い投資先」のバランスをとることが重要になります。自分の投資計画に合わせてどちらを優先するのかを考えましょう。

長期投資については関連するホームページはこちらにもあります。合わせて投資の際の参考にしてみてください。

This entry was posted in 長期投資.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>